忘新年会シーズン到来!飲食店はどう宣伝すればいいか?

さあ今年も年末年始恒例の、忘新年会の時期がやってきました。

日本人にとっては一年の締めくくり、または船出にかかせない行事となってきました。そのため、忘新年会を迎える側の居酒屋やなどにとっては、いかにその忘新年会を取り込めるかがポイントになります。近年では、ランチタイムなどに忘新年会を催す方も増えてきているそうです。理由は、

お子さんがいらっしゃる主婦の方や、家族一緒に楽しみたい方にとっては、ランチタイムやティータイムに忘年会・新年会を開催したいという需要もあるのです。(引用:飲食店応援ラボ https://www.inshokuten-labo.jp/sales/2174

だそうです。

そこで今回は、忘新年会シーズンにおける、居酒屋やレストランのプロモーション戦略についてみていきたいと思います。

まずは忘新年会用の特別なコースを用意しましょう。忘新年会限定の割引やクーポンがあると、消費者も魅力に感じます。この戦略はセールス・プロモーションと言われ、忘新年会の時期に、消費者を惹きつけるのに有効な戦略です。また、様々な予算に合うコースを用意するといいでしょう。お手頃なコースは学生にも受けます。特にランチタイムの忘新年会を受け入れる場合は、2,000 ~ 3,000円程のコースを用意しましょう。また、冬に人気のメニューといえばやはり鍋。近年は鍋料理の種類も増えてきており、現在その数は100種類を超えると言われています。また、最近の鍋のトレンドは、味付けどうこうよりも「インスタ映え」する鍋のようで、

2018年にかけてはさらに進化して、動画映えする「ムービージェニック」鍋が流行すると言われています。「ムービージェニック鍋」とは、思わず動画を撮りたくなる演出を施した鍋のこと。検索すると、すでにたくさん投稿されていますので、気になる方はチェックしてみては!(引用:tenki.jp https://tenki.jp/suppl/rsakai/2017/11/13/27121.html

だそうです。ですから、豊富な食材を取り揃え、見栄えが良くなるよう工夫する必要がありそうです。

次にキャンペーン用のクーポンやチラシ、ポスターなどを作成します。忘年会や新年会ははしゃいで騒ぐものですから、クーポンやチラシ、ポスターも華やかなものにするといいでしょう。作成の際は、しっかりコースの内容などの伝えたいメッセージを明確にしましょう。例えば、下のポスターはビールで乾杯している様子を背景に使い、メッセージを左右に配置しました。これを店内外に貼り付け、お客さんの目に留まるようにしましょう。また、作成の手間と費用を削減するために、無料オンラインデザインサイトDesygnerを使用しましょう。私も下のデザインは無料で10分程で作成しました。もちろん、検索ワードを変えることで、違うイメージのデザインを作ることもできます。

忘年会、新年会、プロモーション、ポスターまた、サイズや形を変えてメールキャンペーンで使えるヘッダーを作ったり、クーポンを作ったりすることができます。LINEやFacebook, TwitterなどのSNSも積極的に活用し、オンライン上での宣伝活動ももちろんかかせません。Desygnerでは、それらのSNSへの投稿に使用できるデザイン・サイズも揃えていますから、是非とも活用していただき、広報戦略に活かして頂けたらと思います。

忘年会も新年会も、年に一度しかないイベントです。この機会を逃さないように宣伝戦略をしっかい練り、売上向上を目指しましょう。